« はっと気付かされたこと。 | トップページ | 楽しみ時間、癒し時間 »

I am...

どんなことを書こうか悩んでいたのですが、前回の0回目からのつながりを考えて、この曲について書こうと決めました。
毎回、副題をつけたいと思います。 第1回☆ayu note...☆スタートします。

「初めてライブに行って涙した曲」
始めに謝っておきます。記憶が正しくなかったらごめんなさい!!
みーの記憶ではayuは初めてのコンサートツアー(全国2周)で長野のMウェーブに来たのが長野初ライブだと思います。
でも、この時はまだ行くことができなかったというか、そこまでayuが好きではなかったのでHPとかチェックしていなかったので来たこと自体知りませんでした。
そして、たぶん、長野に来たのは2回目だと思われる”ayumi hamasaki ARENA TOUR 2002 A(ロゴ表記)”で初めてチケットを取って行きました。
その頃はすでに今の会社に入っていたのですが、平日だったので開場時間に間に合わないとまずいと思って、友達と午後半日休みました。
ちょっと話がずれますが、みーの家は結構厳しくて学生のうちは勉強が仕事だ!といってバイトさせてもらえませんでした。だから、毎月自由になるお金がお小遣いしかなかったので貧乏生活を送っていましたし、長野にみーの好きなアーティストが来るというのはなかったのでライブに行くということ自体が初めてでした。
いざ、出陣!と知り合いの会社に車を置かせてもらって会場まで歩いて行きました。
すごい人、人、人!!で、ライブってこういうものなんだとびっくりしたのを覚えています。
会場内に入るのも1時間以上並んだような気がします。
そのときのチケットは一般発売で取ったので決していい席ではありませんでした。
アリーナの126列目だったと思います。ayuが小指の先ぐらいにしか見えなくて、ステージの両端にあるスクリーンさえも手のひらよりちょっと大きいくらいにしか見えなかったと思います。
双眼鏡をもっていったのですがそれで見てもayuは小さかったです。
でも、暗くなってイントロが始まったときはすごく興奮しました。
だって、ayuがいるんですよ!この会場内に。そして、この曲が…
「ちゃんと聴いてて 伝わるまで叫び続けてみるから 私はずっと 此処に此処にいるの~oh~」
と、黒髪のayuがスクリーンに出て、その時点で涙腺はうるうるきてました。
そして、ステージ下から白い着物を着たayuが出てきました。
みーは背が低いのでどこにいるのかわからなくてきょろきょろしていました。
それに田舎のパワーというか、田舎なのに会場があまりに広すぎてアリーナの後ろの人たちが前の方に走って行きました。黒服をきたスタッフが通路に立っていなかったんで、好き放題してました。
「えぇ~!そんなのアリなのか!?」
とびっくりしました。それにみーの周りの人は皆椅子の上に立っているんですよ。
とても考えられませんでしたが、みんな立っているとなおさら見えないので、みーも悪いこととはわかっていつつ立ちました。
でも、やっぱりayuの姿はどこにいるのかわからなくて、別の意味で泣きそうになりました。
でも、友達が「ほら、真ん中にいるよ!こっちきな!!」といって席を替わってくれました。
そしたら、いたんです。ayuが!ほんとに小さくて本人かどうかわからないぐらいでしたが、いたんです。
両端のスクリーンと同じ動きをしている人らしき物体が!
「あぁ~!!ayuだぁ。本物だぁ~!!!(T^T)」
と、ここで涙が頬を伝いました。
そこからは一緒に口ずさみながら、涙が止まりませんでした。
止まったのは4曲ぐらい後だったと思います。小指の先ほどのayuでここまで泣けてしまう自分にちょっと恥ずかしさを覚えつつ、DVD出たら絶対買ってステージ上ではどんなことが起きていたのか、これを見てきたんだと頭の中で自分なりに最前列で見たように妄想してやる!と決意しました。

この曲で好きな歌詞はやっぱりサビです。

この瞳見つめて 私の名前を呼んでみて欲しいの
この手握って 大丈夫だって頷いてほしいの
この背を押して じゃなきゃ歩き続けられそうにないの
嘘ならせめて 本当の嘘最後までつき通して

特に上記の部分が、その頃好きだった人にそのままぶつけたい言葉でした。
この頃好きだった人は今後もayuの曲にちょくちょくというか、かなり登場してきます。
それはまた別の機会に…

|

« はっと気付かされたこと。 | トップページ | 楽しみ時間、癒し時間 »

☆ayu note...☆」カテゴリの記事

コメント

更新順ココログ一覧をみて、訪問ました。

投稿: muta | 2006/04/13 12:16

mutaさん>
足跡残していただいてありがとうございます!
それだけでうれしいです。

投稿: みー | 2006/04/13 12:19

I am...の詞って凄く切ないと思います
特に上のサビなんて本当に
オレはブログを2つやってるんです
あゆ関連ブログが「You are...」に対して、日記その他が「I am...」です
「I am...」って「私は...です」って自己紹介の意味と、「私は...にいます」って存在場所の意味も持ってます
だからタイトルに相応しいと思って付けたんです
数あるあゆの曲名で、「I am...」は面白いなぁって思ってます

投稿: じゅんや | 2006/04/14 14:40

2002のツアーに参加されてるのですね。
私はA musiumから参加ですが、口では言い表せないくらいの感動がありました。
ayuがいる~、うわ~本物だぁ、生で歌ってるよぉ!ってそれだけで感動しちゃいました。
チケットが取れただけですでに感動してたので、実際に見てくらくらきてました。
心の中では「うわ~、うわ~、うわ~」って「うわ~」ばかりを連呼してました(笑)

投稿: kero | 2006/04/14 23:16

つながりと、大きいつながりとかをBLOGしなかった?


投稿: BlogPetのあーちゅ | 2006/04/15 09:58

じゅんやさん>
そうですね~。ちょっとせつない歌詞ですよね。ayuが私は私だよ、ここにいるんだよ、人間なんだよと言っているような気がします。
初めて聴いたときはすごく衝撃を受けました。
すごく自分を主張している曲だと思います。
めずらしい感じがするというか、こういう歌詞って初めてですかね?
この頃ってayuにとっていろいろつらい時期だったのかも知れないですね。
それをayuにしかできない表現方法(歌うこと)で皆に伝えたかったのかも知れませんね。
じゅんやさんのもうひとつのブログにもお邪魔させていただきますね!!

投稿: みー | 2006/04/16 00:45

keroさん>
A musium行かれたんですか!?
ちょーうらやましいです!!
じゃあ、あのMの時の長いベールとか生で見ることができたんですね!
みーはA musiumがあること自体知らなくて、DVDが出て初めて知りました。
すごく贅沢なライブでしたよね!
衣装もすごくかわいくてDVDも何回も見ました。
でも、やっぱりライブは何回行っても感動しますよね!来年も行きたいです!

投稿: みー | 2006/04/16 00:49

自分も2002年からayuのライブを見に行くようになったんですが、初めてのライブ参戦は、お台場での野外ライブで
しかも一般席で取ったのでステージからとてつもなく遠い位置で,
それこそみーさん同様ayuの姿は小指の先程でしたが...
ayuの歌を生で聴ける事だけで感激でいっぱいでした(笑

最初のライブっていつまでも心に残りますよね。
自分もあの時の感激を忘れずに、
これからもライブを楽しんで行こうと思っています!

投稿: たいしよう | 2006/04/16 21:55

たいしょうさん>
野外ってすごく広いですよね。
DVDとか見てても本当にその場所の空気が好きだという人でないと、なんかしら~っと見てしまいそうですよね。
野外とか大きいところにはその2002年の時しか行ったことがないので、埼玉とか代々木とかAブロックとか見てもどこがAでどこが一番近いのかとかまったくわかりません。
初めてのライブだったので本当に忘れられません。
何回行っても感動することには変わらないのでayuのファンでいる限り、ライブには参加したいし、同年代なのでかなり親近感(大塚愛ちゃんとか鈴木亜美ちゃんとかってなんか若くてちょっと…と思う今日この頃。。。)があるというか一緒に歳を取っていけたらなぁと思います。
ちなみに、倖田來未さんは年下ですが、みーと友達の間では倖田姉さんでエロかわいいを見てわおわお言っています。
おじさん化してますよ…(笑)

投稿: みー | 2006/04/19 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84186/9566140

この記事へのトラックバック一覧です: I am...:

« はっと気付かされたこと。 | トップページ | 楽しみ時間、癒し時間 »