« うれしかったこと | トップページ | パイナップルリリー »

嫁・姑

みーの家の嫁姑問題は根っこが深い。
みーが小学生のころからずっと表面上はうまくやっているように見えるが中身はどろどろしています。
お父は長男なのでその祖父母と新居に引っ越すまで今まで一緒に生活してきた。
みーの立場的にはやっぱり、みんな仲良くやってほしいと小さい頃から思っていた。
父方のいとことはまったくといっていいほど交流がない。よく、お祭りとか盆、正月というのは家族が集まるものだと思うのだけれども最近ではそんな光景まったくない。
小学生の頃から、うちの両親と父方の弟(おじさんたち)はなんか仲良くないなぁと感じていた。みんなが集まっていた盆、正月、ゴールデンウィークになるたびに母の顔色を伺いながら台所の手伝いをしていた。
祖母から何か買ってもらったりすると、母の機嫌が悪くなるため、恐る恐る買ってもらったと話をして、機嫌を損ねる母を見て、自分はほしいものが手に入った喜びを素直に表に現すことができず、いつも気まずい思いをしてきた。

祖母は結構わがままで周りの人は一癖あると思っているようだ。まだ父の小さい頃の話とかを聞くと祖父がとても苦労していたようだ。
それに加え、父の3人の弟達は2人は婿養子に行ってしまい、1人は未だ独身。その独身の理由もいい人がいたこともあったが、家に連れて帰るとみーの母がいい顔しないからだと前に聞いたことがある。
確かに母は末っ子なのでちょっとわがままというかなんというか、扱いづらいと感じることもある。
みーの両親は共働きなので、2人のいないときを見計らって家に来る3男の奥さんも、母の機嫌を損ねる原因のひとつだ。祖母も両親のいないときを見計らって呼んだりしているようで、祖母からすれば嫁の機嫌を損ねないようにといないときに呼んでいるのかも知れないが、そこまで考えていない人だと思う。

昨日、祖母が新居に届け物を持ってきた。その時、病院に行っているのか?と聞かれ、行っていると答えたところお金をくれた。本来ならばありがとうといって喜んでもらいたいのだが(なにぶん収入がないので)、真っ先に浮かんだのはこのせいでまた、母の機嫌が悪くなるということと、父が余計なことするなと祖母のことを怒るであろうということだ。祖母もそれをわかっているため、内緒にしておけと念を押したが、そんなことは出来るはずもなく…案の定、仕事から帰ってきた母に話したところ、とたんに機嫌が悪くなり、どのように接すればいいのかわからなくなった。あの人はそういう影でこそこそとしか出来ないんだから!!と。
母にそんなつもりはなくても、受け取ってしまったみーが悪いようにとれる言い方をされた。いつものことなのだが。今のみーにはそれをはいはいと聞いておくほどの余裕がないため、涙がこぼれた。
母が父にも話をしていたが、怒り口調というか父を責めるようなことを言っていた。母は言ってなくてもみーにはそう取れた。父はお前は悪くないよと言っていたからちょっと救われた。結局お金はみーがもらった。

こういう問題というのは、どちらが悪いということもないと思う。祖母はみーが不憫でくれたのだろうし、父母は影でこそこそやっているということに関して怒っている。父母が怒るから祖母はこそこそやるのだと思う。
ここで父が祖母を怒るのではなく、ありがとうと一言いって、それから、こそこそしないで、こそこそするから気分が悪いんだよ、とあくまで怒るという感じではなく話をすればいいのだと思うのだが。
父の育ってきた環境的にそういう話をするような家庭ではなかったからいまさらそれは変えられないようだ。

やっと別居をして、そういうことから逃げられたというか、そういうことに変に気を使わないでよくなったと思ったのだが、やはりまだまだ付きまとう問題のようだ。
みー的には両親も、祖父母も大事だし、祖父母の具合が悪くなったときほっておくなんてことはできない。
父母は面倒見ないと言っているが、みーはそれはできない。
みーにとっては大事なじいちゃんと、ばあちゃんなんだから。

なんかへんな内容になってしまいました。
嫁姑問題って結婚すれば、必ずついて回る問題だからなぁ。結婚するときは長男のところには行かないぞ!なんて思ってしまいました。
でも、今は老後は夫婦だけでと考えている人が多いようなので、ちょっとは安心なのかな?
いずれにせよ、まだまだ嫁姑問題にはこれからも悩まされていきそうだ。

やだなぁ・・・。

|

« うれしかったこと | トップページ | パイナップルリリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みーさんの思ってる事、ほんとすっごくよくわかりますよ。
よくことわざみたいなので “親の心、子知らず” って言うじゃないですか。確かにそれもあると思います。でも逆のことわざがあってもおかしくないんじゃないかって思うんです。 “子供の心、親知らず” ってね。
みーさんのブログを読んで、みーさんのやさしい人柄がほんとでていますね☆み~んなの事を考えてあげているんですね。だから、それぞれの相手の考えとかをみーさんの心で受け止めてあげてるんですね。
みんなそれに甘えているかもしれませんね。
私は今年に入って結婚したんですよ。まぁ言わゆる新婚さんってやつです(^・^)確かに響きはいいですが・・・いや!主人とは友達のような感じでほんと楽しく生活させてもらってますよ☆でも・・・結婚というのは親が1組増えるってわけで・・・。みーさんが祖父母さんと父母さんの間に挟まって・・・ってのとまったく同じではないですが、私は実父母と義父母の間で同じような事が多々あります((+_+))
先日、義父母が私に着物を買ってくださいました。それを実父母がよく思っていないのです。。。嫌な顔して機嫌が悪くなりました。確かに親の気持ちもわかります。そんな高価なものを買っていただいても何のお返しもできないこと。義父母がそんなものをプレゼントして、自分たちは負けず何をしたらいいか意地になっていること、なんだか娘をとられたような気持ちになっていることetc・・・。その実父母の気持ちはほんとよくわかりました。痛いほど。私も逆の立場だったらそう思ったに違いありません。でも私の立場上、義父母のご好意を断る理由も見つかりませんでした。
こっちを立てれば、あっちがたたず・・・ってやつです。
ほんとそれで精神的にまいったりもしました。みーさんも本当にしんどい立場ですね。。。でもお母さんがみーさんを愛してらっしゃるからじゃないでしょうか??でもその愛情がちょっとゆがんで表現されているのかもしれません。確かに嫁・姑問題は大きくからんでいると思います。
でもみーさんのお母さんはすごいですね!今までずっと姑さんと一緒に暮らしてらっしゃったんですよね。もしかしたら、そのストレスが段々とでていたのかもしれませんね。みんなに機嫌悪い態度をとってしまっていたのもそのせいかもしれませんね。
人って本当に環境で変わってしまうものです。特に他人と住むなんて事は本当にストレスに感じるものだと思います。どんな良いお姑さんでもそうだと思います。だから、少しでいいのでお母さんは頑張ってきたんだなって思ってあげてください。自分が頑張ってきたことって誰かに認めてもらいたいじゃないですか?そう声をかけてあげることも時には必要かもですよ。
なんか長々と私の勝手な意見を書いてしまってすいません
みーさんにしかわからない細かいこともたくさんあるかと思います。わかってないくせに・・・(怒)って思うことがあったらお許しください。

投稿: ふくちゃん | 2005/07/30 00:33

ふくちゃんさん>コメントありがとうございます。
新婚さんなんですね。おめでとうございます(*^0^*)!

いえいえ、わかってないくせになんて思いませんよ~!
そのとおりなんですよね。確かに母はよく我慢したと思います。
祖母とひどいけんかをしたとき、出てけ!とも言われたこともありました。縁あって新しい土地を買い、新築の家も建てることができ、結婚2○年にして初めての別居。新築して引っ越しをする際、祖父母に一緒に引っ越すか、それとも別になるかと聞いたそうです。そのとき祖父母はまだ元気で自分たちのことは自分でできるからと別居したいといったそうです。そういったところを考えると、お互いにストレスを抱え込んでいたようです。どうしても、今の若いものたちと食べるものの好みだとかも違いますし。母の結婚した頃は長男が家に入り、両親との同居というのが当たり前って感じの世の中だったと母が言っていました。だから、別居なんて考える間もなく、同居。始めはやはり嫁ということと初めての娘(義理ですが)ということでとてもかわいがられたそうです。でも、上っ面だけでは生活していくのは難しかったようです。やっとそれともおさらばできるわけですが、今後、祖父母の具合が悪くなったりしたらどうなるのか心配です。
ふくちゃんさんも、これから大変かも知れませんが、頑張ってくださいね。旦那さんはちゃんとふくちゃんさんの味方をしてくれますか?みーの家では父は母の完璧な味方で、何があっても母の擁護をしています。
でも、あまり頑張りすぎないでくださいね。

投稿: | 2005/07/30 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84186/5214929

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁・姑:

« うれしかったこと | トップページ | パイナップルリリー »